シチュエーション別でお金を借りるならどこがいいか考えてみる

お金が必要11

私たちは毎月得られる収入から必ず必要となる支出を計算し、その支出分は確保するように日々生活していますが、不慮の事態に陥って計算していた以上の出費になることも多々あります。その際貯金で賄えれば良いのですが、時に貯金では賄えずにお金を借りなければいけないことになった場合、どこから借りるのがもっとも適しているのでしょうか。

ここではシチュエーション別でもっとも適切なお金の借り方を検証します。

すぐにお金が必要となった場合

予期せぬ出費とは急に訪れるものです。お金を支払う期限が翌日、またはその日のうちに支払わなければいけないという場合もあるでしょう。このケースのように、早急にお金を融資してもらいたいのであれば「即日融資が可能」な業者からお金を借りるようにしましょう。

近年では融資のスピードも業者のアピールポイントの1つとなっていることもあって、即日融資が可能な業者も多くなってきています。しかしながらいつでもその日のうちにお金を融資してもらえるわけではありません。即日融資が可能な業者であったとしても、融資の申請をした後には審査が行われ、その審査に合格して初めて融資されることになるので多少の時間は必要となります。

多くの業者の場合、即日融資が可能とされるタイムリミットは14時までとなっています。そして14時までに申請すれば即日融資されるとはいっても融資の希望者が殺到すれば14時以前の申し込みであっても即日融資には間に合わないこともあります。

従って出来るだけ早くお金を融資してもらう業者に連絡した方がいいわけですが、仕事がある日などは14時までに時間が確保できないことも多々あるでしょう。もしもあらかじめ早急にお金が必要だと分かっているのであれば、業者の営業開始時間を待たずにネットで融資の申し込みをしましょう。

ネットでの申し込みであれば業者が営業を開始する時間を待たなくても申し込みが可能なので14時までに融資が間に合うでしょう。

誰にも知られたくない場合

近年では毎日のように消費者金融会社のコマーシャルが放送されていることもあって、消費者金融に対するイメージは以前のような悪いイメージは払しょくされています。

お金を借りること自体はきっちりと返済が出来ていれば悪いことではないのですが、やはりお金を消費者金融から借りるというのは世間的なイメージがあまり良くないこともあって、極力ほかの人には知られたくないと考えていることが多いです。

しかしながらほとんどの消費者金融や銀行は「在籍確認」をおこないます。お金を融資してもらう前には個人情報などを業者に対して知らせます。その際に企業名なども申告するわけですが、本当の情報が書かれているかどうかを確認しなければ融資したお金が全く返済されないといった事態にもなりかねません。

申告した企業に本当に融資を希望する人が勤めているのかを確認するために在籍確認はおこなわれているのです。この在籍確認によって自分が消費者金融などからお金を借りていると他の人にバレる恐れがあるため、なかなか消費者金融を利用することに踏み切れないという人が多いのも事実です。参考サイト>消費者金融 … NoLoan

消費者金融と銀行で、在籍確認の方法は微妙に異なります。まず消費者金融の場合は業者名ではなく個人名で電話をかけます。電話を受け取った側からすれば個人的な要件で電話をかけてきたんだろうという印象になるため、消費者金融からお金を借りているのがバレることはありません。

そしてこれは一部の消費者金融に限られていますが、社員証などを融資の申請時に提示することによって在籍確認をおこなわずして融資をしてもらえるところもあります。

消費者金融側としては、確実にその会社に勤めているという証明さえ確保できれば特に在籍確認をする理由がありません。どうしても在籍確認が嫌だという人は社員証のみで融資してくれる業者を探しましょう。銀行の場合は消費者金融とは異なり、銀行名を普通に名乗ってきます。

銀行はお金の融資だけではなく保険や住宅ローンを扱っているため、銀行名を名乗って電話をかけたとしても、在籍確認の電話であるとはほぼ思われないためです。それでも心配な人は、在籍確認の際に銀行名ではなく個人名ででんわをかけてもらうようにあらかじめお願いしておきましょう。

そして在籍確認は勤め先ではなく実家にかかってくる場合もあります。この場合は申し込む際の連絡先を実家の固定電話ではなく自分の携帯電話にしておけば自宅に電話がかかることを事前に防ぐことができます。

なるべく低金利の所を選ぼう

お金を借りるときにどれだけ早急にお金が必要であっても必ずチェックしておきたいのが金利です。お金を借りる場合、返済は借りたお金そのままでいいというわけではありません。借りたお金には必ず金利分が上乗せされ、金利分を含めたお金を返済する必要があります。

金利が高ければ高いほど返済する総額も増えて負担になるので金利は極力低い業者を選ぶようにしましょう。金利が書かれている部分をチェックすると、最大金利と最低金利を記載していますが、早急にお金が必要となったときというのはそれほどまとまったお金ではないことがほとんどです。

数十万円単位のお金の場合は最大金利が適用されるので、最大金利をチェックして比較するようにしましょう。

友人や知人などから借りるという事

即日融資の消費者金融よりも早く対応してくれるのが友人や知人です。このスピードはほかの方法では決して真似できませんし、友人や知人の金を借りるときは消費者金融や銀行のような審査をされることもありません。しかし親しい人同士でのお金のやり取りというのはきっちりしておかないとその後の交友関係に大きな亀裂が生じることがあります。

友人知人に限ったことではありませんが、借りたお金は必ず返済するようにしましょう。

病院の支払いが難しい場合のお金を借りる方法を知る

どれだけ切羽詰まっても闇金は利用してはいけない

色々な手段を講じてもお金が確保できなかった場合、最終手段として闇金に手を出そうかなと考えてしまいますが、どれだけ切羽詰まっていても闇金にだけは手を出してはいけません。闇金の金利は法律で定めたものから大きく逸脱しているほど高いです。

ですからお金を借りたが最後返済するためのお金が確保できなくなるうえに期限を過ぎればあらゆる手段を使ってお金を回収しようとしてきます。闇金に頼るくらいならば自己破産など債務整理を検討した方が良いでしょう。